在籍確認なしでお金を借りる方法とは?

今月、どうしてもお金がたりない、早急にお金が必要…みなさん様々な事情で、お金が必要になる場面があるものです。

 

 

 

そんな時、カードローンやキャッシングでお金を借りるという方法がありますが、お金を借りるときには、必ず「審査」や「在籍確認」というものがあります。

 

 

 

「審査」では住所から年齢、勤務先、勤続年数、家族構成から家の居住年数、持ち家か賃貸か、現在借入れている会社数と借入額の合計など、申込者に対して様々な確認をします。

 

 

 

そして「在籍確認」とは、申込者が本当に申請した通りの会社で働いているかどうかを確認することをいいます。

 

 

 

確認するというのはどういうことでしょうか?

 

 

 

それは、申し込みをしたローン会社が、申込者の勤務先へ直接電話をして、申込者が本当にその会社に在籍するかどうかを確認することなのです。

 

 

 

基本的には、「△△カード株式会社の○○と申しますが、××さんはいらっしゃいますか?」といった電話がかかってきます。

 

 

 

ローン会社によっては、申込者がローン会社からの確認の電話が入って、「お金を借りているらしい」とまわりの人にわからないように配慮してくれるところもあります。

 

 

 

その場合、ローン会社名ではなく個人名をつかって「△△ですが、○○さんは、いらっしゃいますか?」といったような内容で、電話がかかってくるのです。

 

 

 

申込者に電話がとりつがれると、生年月日を聞かれるなどの簡単な本人確認があり、電話自体は1〜2分で終わってしまいます。

 

 

 

申込者が勤務先の電話にでられるまで、何度も折り返しかかってくる場合もありますし、申込者が電話にでられなくても、その人がここで働いているらしい、という確認がとれるだけでOkの場合もあります。

 

 

 

ローン会社は申込者が困らないように、在籍確認に関して様々な配慮をしてくれます。

 

 

 

着信番号がナンバーディスプレイなどですぐ確認できてしまい、ローン会社からかかってきたのだとわかると困る場合は、在籍確認用に用意された携帯番号からの電話で個人を装ってくれたり、申込者が確実にとれるような都合の良い時間帯にかけてくれることもあります。

 

 

 

しかし、勤務先が小さな会社やバイト先であまり個人名で電話がかかってくることがない場合、そんな電話がかかってきてしまったらおかしい場合もあります。

 

 

 

何かと言い訳をしなくてはならなくなったり、変にあやしまれて働きづらくなったりと、気まずくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

お金を借りたいが、できれば在籍確認なしで審査を通してほしい、在籍確認なしのカードローンは存在しないのでしょうか?

 

 

 

はい、在籍確認なしでカードローン審査をすすめられる会社はちゃんとあります。それは、コマーシャルなどでも有名な大手ローン会社、プロミスです。

 

 

 

在籍確認がないといっても、申込者に決まった仕事があり、毎月収入もあり、お金を貸してもきちんと返済していけるということが確認できなければ借入を許可することなどできません。

 

 

 

では在籍確認ではなく、どういった方法で確認をしているのでしょうか?

 

 

 

それは、申込み時に会社の社員証や在籍証明書、月々の給料明細を確認資料として提出することなのです。

 

 

 

会社から配られた社員証がすでにある場合は、それで仕事についているという証明にもなります。

 

 

 

在籍証明書は、会社に証明書発行をお願いしないといけないので、「なんで必要なの?」と問われると困ってしまう場合があるので、なかなか用意しにくい所があります。

 

 

 

給与明細であれば、申込者がどれぐらいのお給料を受け取っているか、それから勤務先の住所なども確認ができます。

 

 

 

給与明細から、申込者のだいたいの年収も推測されるので、申込み時に記入した年収の確認にもなるのです。

 

 

 

プロミスでは、在籍確認を給料明細の提出で代替確認をしてくれるキャッシング会社です。

 

 

 

申込み時にはっきりと、「在籍確認の電話をしないでください」と伝えると、申込者の事情を考慮して親切に対応してくれます。

 

 

 

しかし、注意しなければならないのは、基本的に在籍確認をするのが当たり前なので、何も言わず給料明細だけだしても、在籍確認しないことにはなりません。

 

 

 

「仕事場に電話が入ると問題がある」ということをきちんと説明して、在籍確認の代わりになる給料明細を提出できることをはっきりと伝えましょう。

 

 

 

ただし、給与明細の提出はあくまで在籍確認の代わりですから、給与明細提出に関して、不備のないようにしなければなりません。

 

 

 

まず、借入の申込み時に直近の給与明細を出せるように準備しておくこと。

 

 

 

申込者の勤務先や最近の収入がきちんとあるか等を確認するのですから、古い給与明細を持っていってもどうしようもありません。「新しいものをもってきてください」ということになり、2度手間になってしまいます。

 

 

 

1ヶ月から、古くとも3ヶ月以内に受け取った給料明細を用意しておきましょう。

 

 

 

それから、申込み時には正確な勤務先の住所や、所得額を記入すること。

 

 

 

所得額は大きく書いてあったのに給与明細を見るとそんなに入っていない…なんてことになると、在籍確認NGなのに勤務先に確認の電話が入ってしまう可能性があります。

 

 

 

年収や所得額などはきちんと正確に申告しておきましょう。

 

 

 

さて、ここまでお金を借りる際の在籍確認について、詳しく説明させていただきました。

 

 

 

お金を借りるには、きちんとした返済計画をたてて利用しなければなりません。

 

 

 

在籍確認が給料明細の提出でも審査を通してくれるプロミスでは、最高で500万円までの融資を受けることができます。

 

 

 

ですが、借入ができる額は他社からの借入額などによっても変わります。

 

 

 

「総量規制」といって、ローン会社から借入ができる合計の金額が年収の3分の1以上借りてはいけないということが法律で定められているからです。

 

 

 

カードローン申込者がきちんと無理なく返済していけるか、そういったことも踏まえて審査されるのです。

 

 

 

現在では、総量規制があったとしても「在籍確認なしでの審査」など、ローンを利用したい人にとってはとても利用しやすい環境が整っています。

 

 

 

カードローンを申込む際は返済の目途をたて、無理のない返済計画をたてたうえで、毎日の暮らしが潤うようにじょうずに利用していきましょう。